Home  >  お知らせ&インフォメーション  >  「訪問リハ実務者研修会に参加して」枚方高井病院リハビリテーション室 岡

お知らせ&インフォメーション

「訪問リハ実務者研修会に参加して」枚方高井病院リハビリテーション室 岡

はじめまして 讃高会 高井病院 リハビリテーション室の岡です。よろしくお願いします。

 

oka1.jpgかなり暖かくなり春が感じられるようになってきました。運動に適した季節の到来です。

 

私は職場のメンバーとフットサル大会に参加して汗を流しています。みんなで優勝目指して戦うのは学生時代の部活のようで本当に楽しいです。

未だに優勝できずに悔しいですが、今年こそ悲願の初優勝目指して頑張っています。

 

 

 しかし、休日はフットサルばかりしている訳ではなく、自己研鑚のために勉強会にも参加しています。先日は森ノ宮で開催された訪問リハビリ実務者研修会に参加してきました。

 

内容は在宅での認知症アプローチ、住宅改修における注意点、症例発表など非常に盛りだくさんな内容でした。特に認知症に関しては疾病に対する最新の知見や対応方法など、医療従事者だけでなく介護スタッフや患者様のご家族様にも理解して頂くことで徘徊などの問題行動が減少することを実感しました。

 

少し内容を紹介したいと思います。

 

認知症は5歳年をとるごとに5%有病率が上昇し、寝たきり原因の第3位です。

認知症の予防には

1.運動
2.食事
3.人との交流

が重要だといわれています。

 

■生活内容を少し見直して認知症を予防しましょう。

KF16_11.jpg

運動は有酸素運動が推奨されています。毎日3km歩くと十分な効果があると報告されています。食事は葉酸、リコピンを多く含む食品や魚類、適度な飲酒も予防に効果があります。

そして、人との交流に関しては週1回人と会って会話するだけで効果があります。人との交流は運動や食事以上に予防効果が高いといわれています。

 

また認知症により徘徊や暴言などの問題行動がみられることがあります。特に徘徊が頻回で困っているご家族様もいらっしゃると思います。

 

■徘徊には"目的"があるかも知れない。

徘徊の原因は様々ですが、その原因について考えたことはありますか?

 

徘徊を繰り返す理由を探るヒントとして、徘徊して辿り着いた先に何があるのか把握することが重要となります。

 

ある老人ホームでの取り組みにおいて、徘徊を繰り返す入居者様が徘徊し見つかった場所に何があるのか調べた結果、徘徊した先に畳や障子などの「和」を感じさせるものがあることが分かりました。そして入居者様の部屋を和室に変更すると徘徊は激減したそうです。このように、認知症の方は過去の記憶の中で安心できる場所と結びつけて徘徊していることも多く、住環境にそのような要素を加えることで問題行動が減少するといわれています。

 

 

oka2.jpg

今回勉強した内容は、病院内で伝達講習を行う予定です。当院ではそれぞれのスタッフが外部の研修会に参加して得た知識、技術を共有できるように伝達講習を積極的に行い、スタッフ一人一人の職能向上に努めています。今後も患者様に良質な医療、介護サービスを提供できるよう努力を続けていきたいと思います。

 

医療法人 讃高会 高井病院 リハビリテーション科
大阪府枚方市津田西町1-37-8
TEL:072-858-7272

| Main |

MRI・CTのご予約について

診療時間のお知らせ 午前9:00-12:00 受付:午前6:00-12:00 午後6:00-8:00 受付:午後5:00-8:00 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後

枚方市民検診●胃ガン検診●肺ガン検診●大腸ガン検診●前立腺がん検診●肝炎ウイルス検診

採用情報

高井病院では、より質の高い医療サービスをめざして医療・看護従事者の募集を行っています。

採用情報はこちら

予約診療について

当院をご利用の皆様へ

  • 施設のご案内
  • 医療設備のご案内
  • 各部のご案内
  • 医師 ・ スタッフの紹介
  • 事故・感染防止の取り組みについて
  • すこやか健康教室
  • 近隣医療関係の方へ

高井病院について

医療法人讃高会 高井病院

  • 病院理念
  • 病院概要
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ

医療法人 讃高会グループ

医療法人 讃高会 うえだクリニック

医療法人 讃高会 穂谷クリニック

〒573-0126
枚方市津田西町1-37-8
TEL: 072-858-7272
FAX: 072-858-4053
MAP