Home  >  お知らせ&インフォメーション  >  骨粗鬆症を知ろう! 骨塩定量測定装置のご紹介

お知らせ&インフォメーション

骨粗鬆症を知ろう! 骨塩定量測定装置のご紹介

こんにちは、高井病院放射線室の佐藤です。以前当ブログご存知ですか?「骨粗しょう症」で骨粗鬆症(こつそしょうしょう)について簡単にご説明しました。

 

骨粗鬆症と聞くと高齢の方に多くある意味年を取っていくと自然となってしまうものと捉えられがちですが、病名として定義されている以上、原因や予防策を立てることができるものです。

 

KY28_02.jpg骨粗鬆症とは、骨の内部の構造がスカスカになり、構造上の強度を保てなくなることをいいます。その結果、骨性関節痛や骨折などを引き起こします。高齢の方に股関節や腰椎の骨折が多い原因の一つが骨粗鬆症です。高齢の方、特に女性に多くみられます。

 

本来骨とは、骨芽細胞(骨となる細胞)と破骨細胞(古くなった骨を溶かす細胞)とがバランスよく作用し強度を保っています。しかし、年齢を重ねていくにつれこの両者の細胞のバランスが崩れ破骨細胞が多くなると骨粗鬆症となります。

 

また、エストロゲンというホルモンの減少が関係してきます。このホルモンは女性の性ホルモンの一種ですが、閉経後このホルモンは減少します。エストロゲンは骨芽細胞を活発にする作用があるとされているので、減少すると骨粗鬆症のリスクがたかくなるということです。そのほかにもビタミンDやビタミンKの不足が関係しているといわれます。

 

今上記したことは、ある程度ご存じの方もおられると思います。次に"骨塩"について簡単にご説明します。

 

KY28_10.jpg骨塩とは、骨内部の密度やミネラル成分のことをいいます。骨を作るうえでカルシウム(Ca)が大事なのは言うまでもありませんが、カルシウムもミネラルの一種です。


骨塩定量とは微弱なX線を利用しこの骨内部の密度を計測する検査をいいます。X線の特徴は、レントゲン撮影でもお分かりのように「高密度な物質ほど透過できない」ということですから、それを利用し定量化します。

 

骨密度を測るうえで指標となってくるのがYAM値というものがあります。これは、Young Adult Mean(ヤング アダルト ミーン)の頭文字をとったもので、「若年成人平均値」というものです。これは、成人(約22歳?44歳)の間が骨密度が一番高いので、その数値を100%としたときの現在の骨密度の割合を算出できる方法です。この数値が70%を下回ると骨粗鬆症であるといえます。


pct1.jpg

↑当院の骨塩定量測定システムです↑

 

最後に当院での骨塩定量の検査のご紹介をさせていただきます。
当院では、長年MD法という方法で検査を行ってきました。しかし、この方法は、結果がでるまで2週間ほど時間がかかるというデメリットがありました。そこで昨年より、DEXA法という測定を行える装置を導入いたしました。この装置での検査は、約1分ほどで終わり、しかも当日すぐに皆様に結果をお渡しすることができます。


身近な病気の一つとして骨粗鬆症が気になる方は一度骨塩定量検査をお勧めします。

 

関連記事:ご存知ですか?「骨粗しょう症」

 

医療法人 讃高会 高井病院 放射線室
大阪府枚方市津田西町1-37-8
TEL:072-858-7272

| Main |

MRI・CTのご予約について

診療時間のお知らせ 午前9:00-12:00 受付:午前6:00-12:00 午後6:00-8:00 受付:午後5:00-8:00 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後

枚方市民検診●胃ガン検診●肺ガン検診●大腸ガン検診●前立腺がん検診●肝炎ウイルス検診

採用情報

高井病院では、より質の高い医療サービスをめざして医療・看護従事者の募集を行っています。

採用情報はこちら

予約診療について

当院をご利用の皆様へ

  • 施設のご案内
  • 医療設備のご案内
  • 各部のご案内
  • 医師 ・ スタッフの紹介
  • 事故・感染防止の取り組みについて
  • すこやか健康教室
  • 近隣医療関係の方へ

高井病院について

医療法人讃高会 高井病院

  • 病院理念
  • 病院概要
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ

医療法人 讃高会グループ

医療法人 讃高会 うえだクリニック

医療法人 讃高会 穂谷クリニック

〒573-0126
枚方市津田西町1-37-8
TEL: 072-858-7272
FAX: 072-858-4053
MAP